正しい洗顔方法でニキビ予防

以前、ニキビが出来て悩んでいた時に、友達から洗顔方法を教えてもらいました。
それまでは、洗顔料をそのまま顔につけて洗っていたのですが、その場合、肌に刺激が強いそうです。
また、洗い流す時に洗顔料が落ちにくいと聞きました。
ニキビにならない為の正しい洗顔方法は、よく洗顔料を泡立ててから肌につけて洗顔すると良いそうです。
手で泡立てるよりも、泡立てネットで泡立てた方が、キメの細かい泡で出来るので、泡立てネットを利用するようになりました。
キメ細かい泡で洗顔すると、肌にも優しいし、余分な油分や汚れを綺麗に落とす事ができます。
洗顔をしてから、泡を洗い落とす際に洗顔料が肌に残ってしまうと、ニキビの原因になるので、十分に洗い流すようにしています。
洗顔をしたら、すぐに化粧水などを肌につけて、栄養補給をするようにしています。
ニキビが出来ている時は、美容液を使用するといいそうです。
美容液には毛穴を引き締める効果と、柔軟性のある毛穴にする効果があります。
また乾燥が気になる時は、乳液やクリームで保湿する事が大切です。
洗顔方法やスキンケアに気をつけるようになってから、ニキビができにくくなってきました。
綺麗な素肌の為にも、これからも正しい洗顔方法をしていきたいと思います。

 

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ

    楽するダイエット食品