ニキビは上手に付き合っていきましょう

背中ニキビのケアはどうしていますか?→背中ニキビ 治らない

私は北海道在住の53歳男性です。

私は高校生になった頃には顔中が赤いデコボコ状態でした。

ところどころが化膿してニキビの先が黄色い状態でした。

若い時のニキビは”青春の証”などどいわれますが、

これも程度の問題であまりに酷いと病気ではないかと思ってしまいます。

私は北海道の田舎町に住んでいたので、

あまり良い皮膚科も無くて一人で悩んでいました。

私の顔を見た人は、気持ち悪いとか不潔だとか思っているんではないだろうか・・・?

などどいろいろなことを考えて生活をしていました。

そこで私は、自分で出来ることは何でもやってみようと決めました。

ただし顔の皮膚のことなので、怪しい薬品や化粧品を使って、

かえって取り返しのつかないことになってしまっては大変なので、

自分自身で勝手にテーマを決めました。

それは、「薬品には頼らない!」ということです。

ただし、今まで使ってきた刺激の少ない化粧品だけは

考えながら使うことにしました。
まず簡単に出来ることとして、マメに洗顔をすることを実行しました。

これも石鹸を常に使うと皮膚が刺激を受けてよくないので、

薬用石鹸を洗顔の数回に1度の割合で使用して、

手のひらで軽く汚れを落とす感じでやさしく洗いました。

今なら、沢山の種類の刺激の少ない肌に優しい石鹸やローション、

クリームがありますが、私が高校生の当時はそんなに種類はありませんでした。

私の家は農家で田舎町の中でもさらに田舎の方だったので、

自宅の水は地下300メートルの地下水を汲み上げて使っていました。

つまり塩素等の薬品は入っていない自然にろ過された冷たい美味しい水でした。

a0001_017256

私は、この水で自宅にいる時は、1日10回以上洗顔をして、

姉が使っていた刺激の少ない化粧水で保湿をしていました。

すると高校3年生になった頃には、

多少のニキビはありましたが、かなりの量がなくなっていました。

もちろん黄色い化膿をしたニキビは一つもありません。

その後は、ニキビに悩まされることもなく、

20歳になった頃には顔から一切のニキビが消えていました。

やはり地下水洗顔は効果があったのでしょうか・・?

私は勝手に効果があったと思っています。

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ

    楽するダイエット食品