安い引っ越し〜実際にあったこと〜

この前新居に引っ越ししました!
大手のところに頼んだのですが丁寧でとても満足でした。
そのとき学生の頃の引っ越しを思い出したのですが…
すごい雑だったなと思いました。

学生の頃はあまりお金がなくでもどうしても引っ越さなければならなくて、できるだけ安くできるようにいろいろ探しました。
そして格安で引っ越しをしてくれるところを見つけ早速見積もりを頼みました。
対応は良くてこれなら安心できると思いお願いすることにしました。
荷物は自分で詰め、わかりやすくどこに置くとか壊れやすいものは赤ペンで書きました。
ダンボール1
そして引っ越し当日。
2人の引っ越し業者の人が来てどんどん運ばれていきます。
私は家のものを運んでる間に部屋の掃除をしていました。
残りのダンボールが5個ぐらいになった時業者の人が声をかけてきました。
「これ以上ダンボールが入らないので…」
私は言葉を失いました。
事前にダンボールは何個か伝えていてそれならトラックに入ると言われていたからです。
トラックを見ると入れ方を考えれば入りそうなスペースがありました。
私はまだ入ると言ったのですが、入らないですと言われてしまい、業者の人はそのまま新しい部屋へ行ってしまいました。
幸い引っ越し先はそこまで離れていなかったので仕方なく後から自分で運ぶことに。

新しい家について荷物を降ろしてもらい私は少しずつ荷物を整理しました。
食器などすぐ使うものを棚にしまっていたらプレートが割れていました。
それを業者の人に問うとさっき割れた音がしたとのこと。
私はもう呆れてしまいました。
安いから仕方ないのかなと思ってしまい、結局そのことは業者の人に何も言いませんでした。

あの頃は気にしてませんでしたが、今考えたらおかしなことばっかりだなと思います。
これからはしっかり間違ってることは言わないとなと学びました。

引越し ベッドのみの場合

合わせて読みたい記事

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ

    楽するダイエット食品